4/16 三河湾スノーケリング(西尾編)

天候:快晴
気温:18℃
水温:15℃
水面:おだやか
透明度:2m


以前から『身近で遊べる海』を探していた僕は、

火曜日の出勤前に吉良ワイキキビーチへ

うみ遊びに出かけてきました。


いつも自宅のナマコ水槽用で天然海水を汲みに

ちょくちょく来てはいたけど、

スノーケリングするのは今回が初めて。


透明度はどうなんだろう?

生きものは何が見れて、

どこら辺が多いのかな~?


なんて、気になることが

たくさん頭に浮かんできました。



1時間以上泳いで気付いたのは、

透明度が悪いので怖さを感じたこと、

予想以上に生きものたちが元気で

生きもの好きには堪らない海なんだなー

ってこと。



まず、ひざ下くらいまでの水深は

透明度がバツグンに良い。

川の水並みに綺麗に透き通って、

海藻・海草がきらきらしてる。

でも、水深2mあたりからは茶色く濁った感じで

水底が見えなくなります。

この水底が見えないってことがすごく怖かった。

実際は立ってみるとフィンが水底について、


なんだー、こんな浅いんだ!って安心できるけど、

泳いでいる最中は

・水底との距離が分からない

・泳いでいるのは自分1人だけ

の2つが要因で心臓バクバク...

ほんと肝っ玉が小さいですね。(‘-д-;)ゞ


もう、深い所はないなーっと思い、

堤防沿いを泳いでみようと向かってみたんです。

そしたら、そこからが楽しくて仕方がなかった♪
画像

僕の大好きな棘皮動物の仲間

ヒトデちゃん♪(この子はイトマキヒトデ)

この子は探さなくても良いくらいに

ごろごろ居るし、ナマコちゃんもちらほらと。

ウニちゃんもいたら最高なんだけどなー

見つからなくてざんねん。
画像

ほんとうにヒトデは動きや格好が面白い!
画像

このロープにしがみついている姿が

かわいくて堪らない。

もうね、ほんとにかわいかった。


他にもカニやヤドカリが堤防の隙間から

こちらを覗き込んでくるし、
画像

大きなウミウシの仲間である

アメフラシがのそのそしていたと思ったら、

体長数mmの極小ウミウシとも出会えて、

西尾の海にもウミウシが居るんだなーって。

これもうれしい発見♪


さらに、波打ち際の方へ戻りながら探していると、

貴重なアマモが生えている場所があって感激。

アマモが生えている場所で泳げる奇跡!

ほんと、中々ないですからね。貴重な環境です。

この環境は大切にしたいな。


そして、波打ち際付近では、
画像

おまんじゅうみたいなイソギンチャクが!?

何この見た目、かわいい♪
(タテジマイソギンチャクかな)

太陽の光のキラキラとのコラボで心が和みます。


そして極めつけは、

500円玉サイズのヒラメの赤ちゃん

とにかくめちゃめちゃいる。
画像

隠れる(擬態)がとても上手い。

生き残るための術ですね。


でも、見つけるのはかなり簡単。

なぜなら水底を見ながら泳いでいると、

そこらじゅうで、

ささーっ、ささささーって感じで、

少し泳いでは止まって隠れてを繰り返しながら

移動をするので、泳げばすぐに見つかります。
画像

画像

ほんとうに擬態の天才だなー


こんな感じで、西尾の海は

とにかく浅場がたまらなく楽しい♪


今後はここでスノーケリングを楽しむコースを

新しく開催しようと思うのですが、

まだまだ水温が低いので、

水温が高くなってきたら、

お誘いしますねー(*^^*)


気軽に行こう!西尾のうみ♪

うみんなか いのこ


マスク・スノーケルの

器材チェック&クリーニング 

随時受け付けています!

定期的にきれいにしましょ♪

詳しくはこちらを見てね~

マスククリーニング


ダイビングプールで練習が出来ます。

詳しくはこちらを見てね~

ダイビングプール練習会について

ツアー情報も更新していますので、

こちらも覗いて見て頂けると嬉しいです。(*^^*)

ツアー情報

画像

画像

"4/16 三河湾スノーケリング(西尾編)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント