耳抜きを学ぶ。オトヴェントと勘違い

こんにちは、いのこです。

昨日も日帰りで横浜の耳鼻科へ

耳抜き特訓の成果を見てもらいに

行って来ました。

その話はまた後日と言う事で、

今日は僕が耳抜きの特訓に使っている

道具をご紹介します。


それは、オトヴェント(オトベント)と言って

これです👇
画像

①箱
②説明書(英語)
③説明書(日本語)
④風船
⑤保管用の入れ物
⑥ノーズピース

風船を袋から取り出して見ると
画像

このように入っています。(5個入り)
※1つはノーズピースに付けてしまったので、
写真は4つになっています。
画像

このノーズピースを鼻にくっつけて

先っぽに空いた穴に

鼻から空気を送って

風船をぷくっと膨らめばOK!


練習は説明書通りにやるんですけど、

ここで1つ注意点があって
画像

付属の説明書は中耳炎用なんですよね。

つまり、耳抜きとは練習方法が違うので、
画像

必ずダイビング用の練習方法を行うべし!!


大事なのは

1.一気に息まない。あわてずゆっくりと。

2.4秒~5秒に1回が目安

3.強く息みすぎない。弱すぎず、強すぎず。



これがね~、難しいんですよ。


僕の記念すべき1発目は

膨らますことが出来ずに惨敗。

2発目は何とか膨らませることは出来たけど、

ちょっぴり息切れ気味

ほんと耳抜きはコツが大事!!


息切れした原因は始まりの息み方が速いから。

※急に息みすぎると、
耳管(空気の通り道)を
ブロックしてしまって、
抜けづらくなってしまうんです。


今までも徐々に強くする事を意識してましたけど、

全然早かった(ノД`。)ホロリ

思ってた以上に、

少しずつ、少しずつ強くしていく感じ


この力の入れ具合とタイミングがまだまだで、

ゆっくりし過ぎると7秒くらいかかるので、

5秒で終わらせるように

時計の秒針とにらめっこしながら練習中!



それと以外で苦戦しているのは『力強さ』かな。

オトヴェントがあると、膨らみ具合で


あっ、この強さで良いんだ♪


と、目で確認しながら出来るので

安心感がありますけど、

オトヴェントが無いと、


ん~~~~


と力強くやっているつもりでも、


これ以上強くしたら耳を傷めてしまうんじゃ?


と怖がっている自分がいます。
※全然力が足りてないんですけどね(笑)



今までは、


・鼓膜が動いた感覚。

・何か音がした。 など


の合図で耳抜きが出来ていると思っていたのが、

それは『耳抜きが始まる合図』で、

そこからさらに圧をかけた先に

ちゃんと出来た耳抜きの世界があって、

そこには『合図などの感覚』は存在しないから

怖いんですよね。


ちゃんとした耳抜きの力強さは

オトヴェントをグレープフルーツくらいに

ぎりぎり膨らませる力を

体に覚え込ませるしかないんです。


まだまだ初めて1週間、

オトヴェントの力強さは

全然身に付いていないので、

無しでも同じ力強さで出来るように

練習あるのみです!!


来年中には会得して、

さらに会得した者だけが使える

特別な耳抜きの世界へ

突き進んでいきます(*^^*)


海ん中 いのこ



マスク・スノーケルの

器材チェック&クリーニング 

随時受け付けています!

定期的にきれいにしましょ♪

詳しくはこちらを見てね~

マスククリーニング


ダイビングプールで練習が出来ます。

詳しくはこちらを見てね~

ダイビングプール練習会について

画像

画像




海ん中 いのこ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

MIKA
2018年12月26日 08:52
会得は来年中⁉
そんなにかかるのー⁉
先生!早く教えてくださいよー💦
いのこ
2018年12月26日 12:33
MIKAさんへ
陸上で練習して、最後は海で連日潜っても全く問題なければ会得なので、慌てず出来るように長めに設定してみました♪
それと、24日の診察で三保院長から新しい情報を頂けて、耳抜きの伝え方を変えていきますので、またまとめたらお話ししますね(*^^*)

この記事へのトラックバック