一緒にニフレルへ行きませんか?

先日、休みを使ってある所へ行って来ました!

それが、水族館巡り第1弾で行ってきた

大阪にある「ニフレル」
画像

大阪万博を開催した場所にあります。
画像

これが噂の太陽の塔ですね。
※僕はクレヨンしんちゃんの映画で知りました。
画像

それで、ここがそのニフレル

最近のお気に入りなんです。

ここは海遊館のような大型の水槽はなく、

小さめの水槽がメイン。

そこが良いんです。
画像

生き物との距離が近く、

じっくり見る事ができ、

自分が動けば色んな角度から見れて、
画像

上から覗き込むことだって出来ちゃいます。

『見る角度』で受ける印象は全く変わり、


横から見る景色は『ダイビング目線』

上から見る景色は『スノーケリング目線』


みたいな、色んな目線で楽しめます。(* ´艸`)


そして、ニフレルは色んな所に“こだわり”を持っています。

その1つが『スタッフ』さん。

普通、水族館のスタッフさんを『飼育員』と呼びますよね。

でも、ここでは『キュレーター』と呼びます。


なんで飼育員と呼ばないの?

と言うか、そもそもキュレーターってなに?

何が違うの?


と思うじゃないですか。(。-`ω´-)ぅぃ

と言う事で、メールで

なんでキュレーターと呼ぶのか?こだわりや思いについて

問い合わせをしてみました。

結果、

飼育業務のみではなく、展示、解説も含めたスタッフに成長し、
お客様とコミュニケーションをはかりたいと考えている。
飼育展示している生きものの情報や生きものの性格や個性も含めて
解説する独自の知識をもつスタッフとしてキュレーターと呼ぶ事にしている。


との事。

なので、
画像

気になった事はキュレーターにどんどん聞いちゃいましょう!

気軽に聞けるスタッフさんがいるのは助かりますね♪

飼育されている生き物の事を1番知っている方達ですからね。


他にも、
画像

『ハズバンダリートレーニング』
画像

『食べる水』

『変わった魚名板』

『こだわりの展示方法』

『チンアナゴの全身』

など、こだわりは至る所にあります。


そんなまだまだある

ニフレルならではの“こだわり”を見つけに

一緒に行きませんか?


2月23日(金)

3月23日(金)


上記の日程で日帰りニフレル旅行を開催します。
画像

気になった方は是非連絡下さい。

水族館の雰囲気は動画を見て参考にして下さいね。

海ん中 いのこ
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック