ういてまて!!

こんにちは、いのこです。

1月29日(月)、ショップは定休日でしたので、

プライベートである講習会に参加をしてきました!

それは『ういてまて』

実はこの講習、一度受けた事がありまして、

こちらをクリック

過去ブログへ

その時は講習生として受けたのですが、

今回はその指導員になる為の講習でした。
画像

愛知県や静岡県から

ダイビングショップのスタッフさんや消防隊員さん、

スイミングのスタッフさんに芸人さん

色んな方達が集まり、
画像

実際に浮いてみたり、

バディ同士(2人1組)で溺れた役・助ける役に分かれて

実践をしてみました。
画像

『ういてまて』講習を受けてみて、

水難事故に遭遇した時には

習った事を実践できる事や

対処法を知っているだけでも、

助かる確率を上げるのに

とても大切な事だと教えて下さいました。
画像

無事に試験も合格して

指導員になる事は出来ました。

なら、これをすぐに広められるのか?

と言うと、まだ知識不足だなと言う事も実感しました。


どんな時に感じたのかと言うと、

例えば『足が沈む人』

男性で筋肉質の方が足が沈みやすい傾向で

『足が沈む人がいる事も知っておいてください』

と言われ、もちろん僕もそうだと思います。

今回はペットボトルなどの浮き具があったので、

沈んでしまう方も5分間

浮いてられたのですが、

浮き具が無い場合はどうしたら良いのか?


手で沈まない程度にスカーリングをする?

水場に行く場合は浮く服装を必ずする?


どうアドバイスをしてあげれば、その人は安心するのだろう?

まだ答えが見つかっていません。

他にも、講習会で習った事を復習していると、

救助者の掛け声は『ういてまて』だけで良いのだろうか?

疑問点がいくつか見つかってきました。

なので、愛知県内で講習会をされている先輩指導員の方や

水難学会の方に聞いたり、講習会に参加をして

勉強をしていこうと思います。

資格を取るだけなら、それを目指して

時間やお金が準備できれば合格出来ると思います。

取った後にどうしていくのかが大事なんだなと、

思います。

今はLINEで気軽に連絡が取りあえるので便利ですね。



『ういてまて』は水難事故を防ぐために

凄く大切な事なので、

しっかりと伝えらえるようになっていきますね!

説明下手は準備が大切です(笑)

海ん中 いのこ
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック