減圧症になりまして・・・

お久しぶりです!

迫田です。

久しぶりに担当する記事のタイトルが重~~~い

のですが・・・

でも、タイトル通りでして・・・

僕自身が20年のダイビング人生で初めて減圧症になりまして・・・

そして、この出来事をどんな風に伝えればいいのか

難しい・・・

悩む・・・

ダイビングの怖さだけが伝わっても嫌だし

でも軽く伝えるのも違うし

・・・

考えていても、時間ばかりが過ぎていくので

ただ事実を正直に書く事にしました。

この事実を知って頂いて
そこから僕が思うことは、皆様に直接お会いした時にお話ししていこうと思います。


2017年3月4日

・体調
前日からの頭痛が少しあり 睡眠は4時間ほど
潜水前の水分補給はかなり控えめ

・潜水地
西伊豆・大瀬崎
天気 晴れ 気温10℃ 水温14℃ 波無し 透明度6m

・ダイブプロファイル
1ダイブ目 10:20~11:01 潜水時間41分 
最大水深17.9m 平均水深10.0m

水面休息時間 2:09

2ダイブ目 13:12~13:57 潜水時間45分 
最大水深15.8m 平均水深 9.4m

・発症後の症状~治療の経緯
2本のダイビングを終了して約90分後 ろれつが回らくなり、左手の力が全く入らなくなる。(約10分間)
症状が治まった後に、救急車を自分で要請
救急車の中で状況を説明すると、ダイビング後に出た症状なので減圧症が疑われる為、ドクターヘリで静岡済生会病院へ救急搬送
MRI検査を受けるが脳には異常なし
症状は既に消えているが、減圧症を疑い高気圧酸素治療を受ける。
第2種 2.8気圧で5時間(再圧チャンバーに5時間)
症状が出たのは発症した時の10分間程だけなので、治療による体調の変化は無し。

・治療費
静岡済生会病院  28,000円
ドクターヘリ     10,050円

上記のような状況でした。

幸いなことに
後遺症も無く、その後に受けた検査にも異常が無いので
今は絶好調です!

ただ再発防止のため
しばらくダイビングをすることが出来ません。

既に、予定していたツアーの中止などもありました。

しばらく皆様には、大変ご迷惑をお掛けすると思いますが

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック